人気ブログランキング | 話題のタグを見る

深瀬 綾の『Ryo Fukase OKU ICHIKAWA Kakurega Exhibition 』開催です。

世界で活躍する現代芸術家 深瀬 綾氏の作品展を、
『 coya - gallery DEN 』にて開催致します。

『Ryo Fukase OKU ICHIKAWA Kakurega Exhibition 』
深瀬 綾の『Ryo Fukase OKU ICHIKAWA Kakurega Exhibition 』開催です。_a0076877_13503872.jpg

日時 2021.11.4(木)~ 6(土)  
       11(木)~13(土)   
       18(木)~20(土)   
       25(木)~27(土)
     All Days 13:00~18:00

光と影、時空を超えて変わりゆく絵画作品

深瀬氏の作品は独自の技法にて何層にもレイヤーのように重なりあい。
見る角度、太陽光の光や照明などによっても変わりゆく作品です。
私達が日々何気なく生活していて何も感じなくなった光と影を
リアルに別のものに映し変えてくれるそんな作品です。
この機会に深瀬綾の世界をご堪能ください。



なお、隣接の雑貨カフェTree-Bでは開催期間中、
深瀬氏監修の珈琲。「 深瀬ブレンド 」がご賞味いただけます。

詳しくは『 coya - gallery DEN 』のHPで

現代美術史研究家・芸術評論家  勅使河原 歌凛氏からの寄稿文を掲載させていただきます。

画業32年という長い年月の活動を続け、
世界的な知名度も得ている国際現代芸術家 深瀬 綾 氏が、
千葉県市川市に移住して4年目となり待ちに待った市川市での特別展が遂に奥市川地域で開催される。
 
TVやFMなどにも出演引っ張りダコで、
国内外でのサイン会なども精力的に活動している
深瀬氏の作品は世界74ヶ国の私設美術館や公立美術館、
個人宅や幾多の企業などに収蔵されている。
 
ヨーロッパ諸国では『光を操る魔術的芸術家』と異名を持ち、
日常的に伯爵や男爵などの高い地位の方々と交流している深瀬氏の友人関係にはいつも驚かされる。
深瀬氏も特別な式典や社交界などに出席する際の正装では、
左胸に幾つかの勲章を身に付けている時もあり凛々しい姿を拝見できることが稀にある。
 
実は深瀬氏、利き腕である右手に障害がある。
身体障害者手帳交付されていながら真摯に我が身の身体障害と向き合い、
進行する病と向き合い作品製作を続けている。
いつ利き腕が機能しなくなるか分からない中での製作のため、
数年後には引退となる可能性もあるため
今回の千葉県奥市川地域 coya-gallery DEN での特別展は
本当に特別となる個展となるのではないかと期待が高まる。
 
忘れてはならないのが深瀬氏が監修する珈琲である。
深瀬氏の個展には必ず絶品の珈琲を飲むチャンスがある。
今回は特別展ということもあり前回東京都武蔵野市 cafe gallery musashino で飲むことができた
美味しい珈琲に再会できるのは大変悦ばしいことである。
今回の特別展では併設されたカフェで、
深瀬氏監修の珈琲を飲むことができる。
展示スペースが密ならば先に珈琲飲むのもアリですね。
 
千葉県奥市川地域は自然豊かな土地。
東京駅から直線距離で見たところ、
東京駅から一番近い『人の手が入ってない自然』がある特別な地域とされている。
このような素晴らしい自然が溢れる奥市川地域で行われる深瀬氏の特別展が楽しみです。
  
 現代美術史研究家・芸術評論家  勅使河原 歌凛
 
 令和三年 神無月 みずのえ 一日 寄稿


by jyu_den | 2021-10-05 13:58 | お知らせ | Comments(0)